オンライン抱っこおんぶ相談 はじめました!

保育が変わる!抱っこおんぶの実技勉強会<2月開催>

イベント

2020年2月25日(火) 12時00分から18時00分 *休憩あり
———途中参加や早退ご希望の方はご相談ください

●会場:浦安市 まちづくり活動プラザ 3F 第3多目的室

●定員:6組

●対象:産後ドゥーラや出産ドゥーラ、保育士、ベビーシッターなど、周産期の親子を訪問してサポートしたり、訪問先や産後ケア施設、保育施設等でお子様をお預かりする活動をされている方 (その他のご職業でご希望の方は応相談)

●参加費
◇通常受講 :6000円

◇相談フォロー付き受講:10,000円
※ フォロー期間1年間(2020年12月末まで)、Facebook messengerを利用

◇フォローアップ受講:3,000円※過去に虹のとり主催の研修に参加した方

お申し込みはこちらのフォームから

●内容:

【赤ちゃん本来の発達に自然な抱っこ姿勢】と【道具の適切な選択と使用方法】を知り、ご自身の活動に活かしませんか?

とある親子カフェでお母さんが言いました。
「家に帰りたくない。帰ったらまた赤ちゃんと2人きりだから。。。」

子育て支援センターや保育施設の拡充など、様々な子育て支援が全国で展開されていますが、
親子にとって[家庭で苦なく過ごせる時間を増やすこと]も必要とされていると感じた瞬間でした。

抱っこが上手になり、抱っこおんぶ紐をうまく使えると、親子の日常が変わります!

【流行しているもの=誰しもに快適な道具なわけではない】という現状を知っていますか?

・産前に購入していたけれど、赤ちゃんが産まれてみたらうまく使えなかった
・自分にも赤ちゃんにもサイズが合っていなかった
・抱っこ紐に抱き入れると赤ちゃんが泣いてしまい、1日中素手で抱っこしている
・対荷重制限より早く使えなくなってしまった

など、お手持ちの道具についてこんな相談が後を立ちません。

抱っこ紐は親子の日常を最も身近でサポートする道具です。

抱っこやおんぶの方法とその道具の使い方は、赤ちゃんの未来を見据えた健やかな発達につながっています。

親子のすぐそばで支援活動をしている皆さんにこそ知ってほしい、抱っこおんぶとその道具の真実があります。

ご参加お待ちしています^^*

タイトルとURLをコピーしました